/

神奈川・大和市、公園に「令和広場」「平成広場」

神奈川県大和市は市内柳橋にある引地台公園にある2つの広場を「令和広場」「平成広場」に改名した。これまでは多目的広場、自由広場と呼ばれていた。改元に合わせ新旧の元号をつけることで、市民により親しみを持ってもらうことをねらう。

平成広場は芝生が広がる(神奈川県大和市)

引地台公園は野球場やプールのほか、野外音楽堂などもあり、大和市民だけでなく、市外からも多くの人が訪れている。令和広場は広さが約9千平方メートルの砂地のグラウンドで、少年サッカーの練習やシニア世代らによるグラウンドゴルフの場所などになっている。約1万5千平方メートルの平成広場は芝生が広がり、週末はバーベキュー客らでにぎわうという。

市みどり公園課は「平成広場に行くことで平成の時代を思い出してもらえれば」と話している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン