2019年6月18日(火)

JR東、東京駅で案内ロボ試験 ドイツ鉄道と共同で

サービス・食品
東京
2019/5/17 20:30
保存
共有
印刷
その他

JR東日本は20日から、東京駅の構内で道案内などに対応するロボットの実証試験を始める。独鉄道大手、ドイツ鉄道との共同事業で、同鉄道が開発した案内ロボット「SEMMI(セミ)」を使用する。ロボは英語や中国語など多言語に対応しており、東京駅を使う訪日外国人へのおもてなし向上にもつなげる。

地下1階の商業施設、グランスタに案内ロボを設置する。試験期間は31日までで、ロボに搭載する人工知能(AI)の学習効果や利用者の使い勝手などを検証する。

SEMMIに加えて、ソフトバンクのロボ「Pepper(ペッパー)」も試験に使う。JR東日本は1992年から、ドイツ鉄道と技術交流に取り組んでいる。案内ロボの性能向上の研究もその一環に位置付けている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報