2019年6月18日(火)

6/18 6:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 強まる利回り株志向 次の「武田」「日産」探し[有料会員限定]
  2. 2位: 6月のNY連銀景況、過去最大の下げ幅 関税影響広がる
  3. 3位: ニコン、「工作機械で成長」の勝算[有料会員限定]
  4. 4位: 親子上場を問う 日本238社、英米は消滅[有料会員限定]
  5. 5位: 日銀、再び追加緩和局面? 米利下げ視野、円高リスク[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,873,782億円
  • 東証2部 71,111億円
  • ジャスダック 86,709億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.14倍 --
株価収益率13.77倍13.33倍
株式益回り7.25%7.49%
配当利回り2.09% 2.10%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,124.00 +7.11
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,070 +40

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

川内原発の設置許可取り消し認めず 福岡地裁判決[映像あり]

JICA イラク製油所に1100億円支援

6月17日(月)13:00

トップに聞く[映像あり]

クボタ 社長 木股 昌俊

6月17日(月)09:50

[PR]

スクランブル

フォローする

止まらぬ二極化相場 PBR格差 過去15年で最大に
証券部 松本裕子

2019/5/17 19:56
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

割高な株がさらに買われ、割安な株が放置される「二極化相場」が止まらない。PBR(株価純資産倍率)で見た銘柄間の格差を測る指標は、過去15年間で最大まで開いている。世界経済や企業業績の先行き懸念から、株式市場からは徐々に資金が流出している。相場全体が大きく上昇するシナリオは描きにくく、投資家は優良成長銘柄に投資を絞り込む姿勢を一段と強めている。

「さすがに行きすぎではないかと思うのだが……」。独立…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム