/

この記事は会員限定です

ナシオ、北海道の菓子をアジアで売り込み

[有料会員限定]

菓子卸大手のナシオ(札幌市)が北海道産の菓子をアジアに売り込んでいる。タイやベトナム、台湾の小売店でクッキーやキャンディーなどの卸売りを始めた。北海道を訪れる外国人旅行者の増加を受けて、日本の菓子のニーズが拡大すると判断した。

ベトナムの旧正月「テト」にあたる1月中旬、ホーチミン市の書店「ファハサ」の一角は大勢の客でにぎわっていた。若い女性客は「おいしそうなお菓子がたくさんある。一度、日本に行って...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り892文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン