/

この記事は会員限定です

大学発スタートアップ、知財取得に新株予約権

[有料会員限定]

大学発スタートアップが大学から知的財産権のライセンスを取得する対価に新株予約権を活用するケースが増えてきた。研究成果を事業化するにはライセンスが不可欠だが、従来は現金での支払いを求める大学が多く、起業のネックとなっていた。2019年1月に研究開発力強化法が改正施行されるなどルールの整備が進み、新株予約権の活用が進みそうだ。

起業のハードルを低く

「手元の現金は少ないうえ、なるべく研究開発に使いたい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1497文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン