/

JR東海が初乗り運賃値上げへ 民営化後初

JR東海の金子慎社長は17日、10月に消費税率の引き上げが実施された場合、初乗り運賃を現状の140円から150円へ引き上げる考えを示した。名古屋市内で開いた記者会見で「増税に伴い、初乗り運賃を計算通り上げていく」と話した。JR東海が初乗り運賃を上げるのは、1987年に国鉄民営化で発足してから初めて。

記者会見するJR東海の金子慎社長(17日午後、名古屋市)=共同

他の運賃も引き上げるが、引き上げ幅は総額で8%から10%への増税分に見合う規模に調整する。JR東海は消費税導入時や増税時には140円の初乗り運賃を据え置いてきた。

「1円単位」の運賃改定を導入しない考えも改めて示した。切符やICカード型乗車券など利用形態にかかわらず「利用しやすいよう、10円単位で価格転嫁を進める」(金子社長)方針だ。JR東日本では切符が10円単位、IC乗車券が1円単位の「二重運賃」を採用している。

政府は10月、消費税率の8%から10%への引き上げを予定している。JR東海はこれに合わせ、秋までに国土交通省に運賃改定の認可の申請を提出する。経営再建中のJR北海道は5月に増税分を含めて平均11.1%の運賃引き上げを国交省に申請した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン