/

この記事は会員限定です

[社説]メガバンクは次世代金融へ脱皮が急務だ

[有料会員限定]

日本の金融を代表してきたメガバンクのビジネスモデルの持続性が問われている。三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)など3社の2019年3月期の連結純利益は、8割減だったみずほFGをはじめ、そろって減少した。

日銀のマイナス金利政策の長期化が響き、市場運用も苦戦した。金融とIT(情報技術)を融合したフィンテックの台頭で、金融サービスのあり方は激変している。構造改革の加速が急務だ。

不良債権はまだ少なく、10年後に過半が赤字になるとされる地方銀行...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り735文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン