2019年6月20日(木)

農業革新の現場、輸出1兆円の先へ 新興が種

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
サービス・食品
小売り・外食
2019/5/18 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本の農業ビジネスが新たな転換期を迎えている。農産品の輸出額は2018年に9千億円を超え、国が目標に掲げる1兆円の達成は目前だ。だが足元を見れば、農業の担い手不足や輸入品との競争など経営環境は厳しい。注目すべきは新たな技術開発や農家支援に取り組むスタートアップ企業群だ。1兆円のその先へ――。農業革新の現場を追う。

「アジアで北海道産の牛乳を求める声が高まっている。挑戦の価値はある」。オホーツク海…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報