2019年6月20日(木)

ランドセルのセイバン 福岡に直営店、120種 デザインなど助言

小売り・外食
関西
九州・沖縄
2019/5/17 18:12
保存
共有
印刷
その他

ランドセルメーカーのセイバン(兵庫県たつの市)は17日、福岡市に直営店をオープンした。約120種類をそろえ、専門スタッフが背負い方などを助言する。少子化で高価格でも品質が良い商品を求める消費者が増えており、セイバンは豊富な種類や品質を武器に出店を拡大している。

子供にあったランドセルのデザインや使い方をアドバイスする(17日、福岡市)

福岡市中央区に開業した「セイバン福岡」の店舗面積は約100平方メートルで、販売価格帯は4万8千円~8万5千円(税別)。茶色や紫色など豊富な色の商品や、直営店限定デザインを用意。店内に相談スペースを設け、専門スタッフが子供の親らの話を聞きながら、重さやデザイン、質感など子供に合ったランドセルを提案する。

同社によると九州のランドセルの平均購入金額は約6万円で全国(約5万8千円)を上回り、「6年間しっかり使えるランドセルへのニーズが特に高い」という。開業初日から、地元福岡のみならず宮崎県など九州各地の顧客が訪れた。

ランドセル市場では10月の消費増税が向かい風になる。同社は直営店を増やし、中間コストの削減や在庫管理を効率化。これまで東京、大阪、名古屋など大都市圏中心だったが、2019年度からは静岡市や仙台市など地方への出店を加速。今後九州や中国地方の顧客を取り込む。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報