/

この記事は会員限定です

米クラウド法で情報開示要求 日本企業、板挟みの恐れ

[有料会員限定]

米国が犯罪捜査のために、国外のサーバーに保存されたデータへの当局によるアクセスを可能にする米クラウド法について、日本政府の対応を求める声が高まっている。米捜査当局は日本企業にも同法をもとに情報開示を求めてくる可能性が高いが、現状では日本法上は応じる法的根拠がない。放置すると企業は日米の法律の板挟みになる恐れがある。

「米国政府が裁判所の令状を取り、適正手続きで情報開示を求めてきたらどう対応するか、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1161文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン