杉本博司らの新建築、自然素材と技術融合

2019/5/18 6:00
保存
共有
印刷
その他

現代美術家の杉本博司が建築家の榊田倫之と2008年に設立した建築ユニット「新素材研究所」は、日本古来の素材と工法を現代の技術と融合させたスタイリッシュな建築や内装で知られる。このほど、同ユニットが設計から手がけた作品としては2作目の「清春芸術村ゲストハウス『和心』」(山梨県北杜市)が完成した。

南ア甲斐駒ケ岳を望む文化複合施設「清春芸術村」の一施設で「ひたすら庭をめでる」(杉本)ために設計された…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]