2019年8月17日(土)

住友鉱山社長、ニッケル調達量拡大

2019/5/17 15:50
保存
共有
印刷
その他

住友金属鉱山の野崎明社長は17日、主力のニッケル生産について「今後もビジネスチャンスを作っていく」と述べ、原料の調達量を拡大する方針を示した。ニッケル生産の長期目標である年15万トンの実現に向け、約1万~2万トン分の原料を新たに確保する。電気自動車(EV)の電池向け部材を中心に、成長する金属資源に引き続き注力する考えだ。

住友鉱山が運営するフィリピンの製錬所(同社提供)

都内で開いたアナリスト向けの経営説明会で説明した。ニッケルでは新規の鉱山開発や、追加の権益取得などの選択肢を検討する。ニッケルはEV電池の正極材や電子部品で使われ、市場の拡大に合わせて長期的に需要は拡大する見込みだ。

2021年度までの3カ年の中期経営計画では、チリの銅鉱山開発などで約5千億円を投じる計画。チリではインフラ工事が始まっており、進捗について野崎社長は「(鉱石を分ける選鉱設備などの)デザインの最適化を進めている」とした。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。