2019年6月16日(日)

[FT]エアバスCEO、欧米航空当局の足並み乱れを懸念

ヨーロッパ
FT
2019/5/17 16:56
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

エアバスの新しい最高経営責任者(CEO)、ギヨーム・フォーリィ氏は、ボーイングの新型機「737MAX」の墜落事故で、業界統一基準の確立に向けて歩調を合わせてきた世界各国の航空安全当局の関係が危機にひんしていると、警鐘を鳴らした。

今年4月にエアバスのCEOに就任した同氏は、「この業界に数多くの悪影響が及び」、旅客の信頼性が損なわれているだけでなく、「航空機の国際的な認証審査制度がどうなるか」も懸…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報