/

この記事は会員限定です

水道インフラ老朽化AIで予測 ロボット起業家の転身

[有料会員限定]

米Fracta(フラクタ)は2足歩行ロボットのSCHAFT(シャフト)を米グーグルに売却したことで有名になった加藤崇氏が最高経営責任者(CEO)として立ち上げたスタートアップだ。人工知能(AI)技術を用いて、水道管の老朽度を予測するサービスを提供している。加藤氏にビジネスの現状や日米のビジネス環境の違いなどを聞いた。

――米国でのビジネスの現状や、サービスの特徴は。

「これまで水道事業者は、パイプ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1701文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン