2019年6月19日(水)

水道インフラ老朽化AIで予測 ロボット起業家の転身

スタートアップ
ネット・IT
コラム(テクノロジー)
AI
2019/5/23 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米Fracta(フラクタ)は2足歩行ロボットのSCHAFT(シャフト)を米グーグルに売却したことで有名になった加藤崇氏が最高経営責任者(CEO)として立ち上げたスタートアップだ。人工知能(AI)技術を用いて、水道管の老朽度を予測するサービスを提供している。加藤氏にビジネスの現状や日米のビジネス環境の違いなどを聞いた。

――米国でのビジネスの現状や、サービスの特徴は。

「これまで水道事業者は、パイプ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報