/

南スーダン派遣、1年延長 司令部要員 政府が閣議決定

政府は17日の閣議で、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)を統括する国連南スーダン派遣団(UNMISS)への司令部要員の派遣を2020年5月31日まで1年延長することを決めた。国連安全保障理事会がUNMISSの活動期間を20年3月まで延長したことに伴う措置だ。

日本は11年11月から司令部要員の派遣を続けており、現在4人が現地で活動している。陸上自衛隊の部隊は12年1月から派遣していたが17年5月に撤収した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン