/

ソニー社長、MSは「競合でありパートナー」

ソニーは17日、米マイクロソフトとクラウドサービスや人工知能(AI)で提携すると正式に発表した。ゲーム向けクラウドサービスを共同で開発する。マイクロソフトのAIとソニーの半導体や家電技術を組み合わせることも目指す。吉田憲一郎社長はマイクロソフトについて「競合する領域もあるが、重要なビジネスパートナー」とコメント。競合と協調を分けて提携戦略を進める方向を示した。

マイクロソフトのサティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)は「ソニーとの協業はイノベーションの歴史を創る」とコメントした。

両社は意向確認書を結んだ。具体的な協業の内容は今後詰める。次世代の高速通信規格「5G」などで市場拡大が期待されるゲームなどコンテンツのストリーミングサービスに向け、クラウドの仕組みを共同開発する。

ソニーが世界シェア首位となっている画像センサーに、マイクロソフトのAI技術を組み込んで車載分野での採用を促す。テレビなど家電への搭載も検討する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン