/

米エヌビディア純利益68%減 データセンター向け減速

【シリコンバレー=佐藤浩実】米エヌビディアが16日発表した2019年2~4月期の純利益は前年同期比68%減の3億9400万ドル(約430億円)だった。売上高は31%減の22億2000万ドルで、データセンターで使う人工知能(AI)半導体の減速が目立った。ただ、流通在庫の消化が課題だった主力のゲーム向けは10億ドルを上回る売り上げ規模に回復。株価は時間外取引で一時7%上昇した。

エヌビディアの2~4月期決算は大幅な減収となった(1月、ラスベガスでの発表会)=目良友樹撮影

エヌビディアは17年から18年前半にかけて仮想通貨の採掘(マイニング)ブームによる「特需」で潤ったが、ブームが過ぎてからは店頭などにあふれた画像処理半導体(GPU)の在庫消化に苦しんできた。

18年11月~19年1月期に9億5400万ドルまで落ち込んでいたゲーム向けGPUの販売は、2~4月期は10億5500万ドルへと回復した。前年同期の特需に比べ39%減の水準ではあるものの、ジェンスン・ファン最高経営責任者(CEO)は「ゲームでの成長を取り戻しつつある」と述べた。

一方で、多くの投資家が関心を寄せていたデータセンター向けの売上高は前年同期比で10%減、前四半期と比べても7%のマイナスとなる6億3400万ドルだった。4月末に1~3月期決算を公表した米インテルと同様に、大企業やクラウド事業者によるIT(情報技術)投資の引き締めの影響が出ている。自動車向けは前年比で14%増の1億6600万ドルだった。

5~7月期の売上高は前年同期を16~20%下回る25億~26億ドルを見込んでいる。データセンター向けは停滞が続くが、2~4月期と比べ任天堂のゲーム機「スイッチ」向けに納めている部品の販売量が増える見込みだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン