2019年5月21日(火)

NY株続伸、214ドル高 ウォルマート決算など好感

北米
2019/5/17 1:54 (2019/5/17 6:55更新)
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=後藤達也】16日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続伸し、前日比214ドル高の2万5862ドルで引けた。上げ幅は一時300ドルを超えた。ウォルマートが16日発表した2~4月期の決算が市場予想を上回り、米国の消費の強さが意識された。シスコシステムズが前日発表した決算も好調で、同社株の上昇につながった。

ウォルマートの好決算で米株高に=ロイター

ウォルマートの好決算で米株高に=ロイター

16日朝に発表された米経済指標も投資家心理を下支えした。4月の米住宅着工件数が市場予想を上回ったほか、週間の新規失業保険申請件数も減った。米中貿易摩擦の激化で米景気の先行きには懸念があるが、ひとまず足元の底堅さが確認され、買い戻しにつながった。

一方、米政府が中国の通信機器大手ファーウェイに対する事実上の輸出禁止措置を発動したことで、同社に部品などを納品する企業の株は大きく売られた。次世代通信規格「5G」関連機器でファーウェイとの取引が大きいとされる半導体企業のザイリンクスは前日比約7.3%安、クアルコムも4%安となった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報