ジョンソン前英外相、党首選出馬を表明
次期首相候補に名乗り

2019/5/16 23:14
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=中島裕介】英国のジョンソン前外相は16日、メイ英首相が辞任した場合に行われる与党・保守党の党首選に出馬すると正式に表明した。英メディアが一斉に報じた。ジョンソン氏は英中部マンチェスターでのイベントで次期党首選の対応を問われ「もちろん出馬する」と答えた。欧州連合(EU)離脱を巡りメイ首相と対立してきた強硬離脱派の中から、初めて正式な首相候補の名乗りが上がった。

英国のジョンソン前外相は2016年の国民投票では離脱派のキャンペーンを率いた(ロイター)

ジョンソン氏は2016年の国民投票で離脱陣営を率いた強硬離脱派。メイ政権で外相を務めていたが、首相の離脱方針に反対して18年7月に辞任し、反メイ派の急先鋒(せんぽう)となっていた。

メイ氏は議会が夏休みに入る7~8月までの離脱の実現を目指しており、それまでは辞任しない姿勢を示している。ただメイ氏とEUで合意した離脱協定案に英議会の反発が強く、計画通りに離脱できる見通しは立っていない。ジョンソン氏ら強硬離脱派らが同氏の党首選の出馬表明を契機に、離脱が実現できるかどうかにかかわらず、メイ氏に早期辞任を求める圧力を強めそうだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]