米中対立「中国に手詰まり感」 呉軍華・日本総研理事

2019/5/16 20:56
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

今回の米国による華為技術(ファーウェイ)に対する措置に驚きはない。米政権は今後も中国に対して圧力を加え続けるだろう。中国側としては世界の生産量の8割を占めるレアアース(希土類)の禁輸などの対抗策があるが、現実的ではない。米国に比べ、中国は手詰まりの状況にある。

米国はかねて国際的な地位や、国内の自由主義的な価値観が中国政府や企業によって損なわれることに危機感を持っている。ファーウェイの次世代通信…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]