/

この記事は会員限定です

スワニー、植物由来素材で臓器モデル開発 手術練習用

[有料会員限定]

製品設計のスワニー(長野県伊那市)は、植物由来の素材を使った人間の臓器モデルの開発に乗り出した。まず肝臓モデルを製品化し、医師の手術練習用として売り込む。個別患者のデータに基づく受注生産も受け付け、手術が難しい症例への対応にも備えられる。肝臓以外の臓器のモデルも順次、製品化し臓器モデルを新たな収益の柱に育成する。

第1弾として、医療機関の需要が大きい肝臓モデルを製品化した。3次元(3D)プリンター...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り704文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン