/

この記事は会員限定です

環境省、自治体に産廃のプラ焼却要請 来週にも通知へ

[有料会員限定]

環境省は産業廃棄物として事業者から出る廃プラスチックを、自治体が引き受けて焼却処分するように求める通知を都道府県などに出す方針を固めた。国内で処分が必要な廃プラが急増しており、産廃業者だけでは対応しきれなくなっているため、家庭ゴミの処分を担う自治体に協力を求める考えだ。

全国で排出される廃プラは年約900万トン、そのうち約700万トンが産業廃棄物だ。年80万トン程度を受け入れていた中国が2017年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り256文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン