2019年6月16日(日)

ベアレン、缶ビール投入で輸出強化
輸送コスト削減、販路拡大狙う

サービス・食品
北海道・東北
2019/5/16 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

クラフトビール製造のベアレン醸造所(盛岡市)は商品群に缶ビールを加え、輸出を強化する。これまでの商品はアルミ缶に比べて重い瓶のみで、輸送コストなどの面で輸出先が中国や台湾にとどまっていた。岩手県内に新設した缶ビール専用工場の稼働にあわせ、クラフトビール人気が高まっている米国や東南アジアの市場開拓をめざす。

新商品の缶ビール「ベアレン・ザ・デイ」は350ミリリットル入りで、きりりと苦みのきいたピル…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報