/

この記事は会員限定です

日本生命、インド運用会社を子会社化 700億円で

[有料会員限定]

日本生命保険は出資先のインドの資産運用会社、リライアンス・ニッポンライフ・アセットマネジメント(RNAM)を子会社化する方向で調整に入った。合弁相手のリライアンス・キャピタル(RCAP)が持つ43%の株式の大半を700億円程度で取得し、出資比率を7割超に高める。経営の安定性を高めながら、インド市場の成長を取り込む狙いだ。

子会社化するRNAMは預かり資産残高約6.6兆円で、インドで5番手の大手運用...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り392文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン