/

この記事は会員限定です

日本株復活へ 資本で労働代替を 山川哲史氏

バークレイズ証券調査部長

[有料会員限定]

日本株のパフォーマンスはなぜ他の主要国に劣後し続けてきたのだろうか。従来は日銀の上場投資信託(ETF)買い入れで安定化した需給、銀行株を中心とした割安感、企業の自社株買いを通じた株主還元策などへの期待が強かった。だが実際には、米国株上昇をけん引してきたFAANGのようなプラットフォーム企業の不在もあり、海外投資家の関心は後退の一途をたどっている。

さらに景気面からも日本株への逆風が強まりつつある。米中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1028文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン