2019年6月25日(火)

セコムが大分県警と高齢者見守りで連携協定 九州で初

九州・沖縄
2019/5/16 17:03
保存
共有
印刷
その他

セコム九州本部と大分県警は、高齢者が事故・事件に巻き込まれないようにするための連携協定を結んだ。ホームセキュリティー契約先訪問時に、同社社員が交通事故や振り込め詐欺防止に向けて積極的に注意を促す。九州管内の県警本部が、警備会社と同様の協定を結ぶのは初めて。

交通安全分野も含めた提携は九州では初

セコムが顧客を訪問した際にオレオレ詐欺や架空請求詐欺などに関するチラシを配布する

セコム九州本部は大分エリアに約100人のスタッフを抱える。ホームセキュリティー契約先の約4割が60歳以上だ。協定では、セコムが顧客を訪問した際に、オレオレ詐欺や架空請求詐欺に関するチラシを配布、注意喚起する。交通安全面では反射材などのグッズ配布も検討中で、増加傾向にある高齢者の交通事故防止に役立てる。

大分県では今秋ラグビー・ワールドカップが5試合開催。海外客も含め大勢の観光客の来県が見込まれており、各種事件・事故の未然防止が課題となっている。大分県警の筒井啓祐生活安全部長は「民間企業の力も借りて、多様な視線から高齢者の安全対策を充実させたい」としている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報