訴訟の争点整理、クラウド活用へ IT化で裁判迅速に - 日本経済新聞
/

この記事は会員限定です

訴訟の争点整理、クラウド活用へ IT化で裁判迅速に

[有料会員限定]

民事裁判のIT(情報技術)化に向け、最高裁はクラウドサービスを活用した争点整理を全国の9裁判所で2020年2月から始める。裁判所や弁護士がインターネットで書面を共有しながらウェブ会議を開けるようになる。弁護士らの移動負担を減らし、裁判の迅速化にもつながる可能性がある。

日本の裁判手続きは印刷した書面のやりとりを前提としており、他の先進国に比べてIT化の遅れが指摘されていた。クラウドの活用は裁判I...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り808文字

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません