マレーシアGDP、4.5%増 19年1~3月期

2019/5/16 15:42
保存
共有
印刷
その他

【シンガポール=中野貴司】マレーシア中央銀行が16日に発表した2019年1~3月期の実質国内総生産(GDP)は前年同期比で4.5%増だった。製造業の生産やサービス業が減速したほか、輸出や投資も振るわなかった。

マレーシアのGDPは18年1~3月期に5.3%増を記録した後、4%台の低迷が続いていた。19年1~3月期も個人消費が7.6%増と堅調だった以外はけん引役が見あたらず、18年10~12月期の…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]