トランプ政権、同盟国に「踏み絵」も

2019/5/16 12:38
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トランプ米政権が事実上、中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)への輸出を禁じる措置をとったのは、同社の排除に協力するよう、日本を含めた同盟国に圧力をかける狙いもある。米側は「踏み絵」を突きつけて、より強く同調を迫ることも考えられ、各国が米中の板挟みになる構図が深まりそうだ。

米国はこれまで、次世代通信規格「5G」の通信インフラにファーウェイを入れないよう、同盟国に求めてきた。今回の措置は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]