2019年5月20日(月)

自民が堺市長選候補擁立へ 「大阪都構想」反対掲げ

関西
社会
2019/5/16 11:51
保存
共有
印刷
その他

堺市の竹山修身前市長が政治資金問題で辞職したことに伴う26日告示、6月9日投開票の市長選を巡り、堺市議会の自民党会派が野村友昭市議(45)の擁立を軸に調整に入ったことが16日、会派幹部への取材で分かった。17日に会議を開いて正式に決定する見通し。

自民は2017年の市長選で、大阪維新の会が実現を目指す「大阪都構想」への反対を掲げた竹山前市長を推薦。竹山氏の辞任で、今回の市長選には候補擁立に慎重な意見もあったが、都構想反対の受け皿とするため選定を進めていた。

堺市長選には、17年の市長選で落選した元大阪府議の永藤英機氏(42)が大阪維新公認で立候補すると表明している。

野村氏のホームページによると、野村氏は大阪市立大大学院創造都市研究科修士課程を修了後、保育園勤務などを経て11年に堺市議に初当選し、現在3期目。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報