/

この記事は会員限定です

「きょうだい児」支え合う 兄弟姉妹に障害や病気

[有料会員限定]

障害や重い病気のある兄弟姉妹を持つ人が「きょうだい児」と称し、互いに支え合う活動が広がり始めた。これまでは介護、結婚などを巡って悩みを抱えていても、相談相手がなく我慢を重ねることが多かった。社会的な援助も乏しかったが、交流サイト(SNS)などを介した仲間づくりが盛んになってきている。

「ここにいる誰もが障害のあるきょうだいへの悩みを経験していると思うと、本当に心強い」。4月10日、東京都杉並区の飲...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1120文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン