出展希望の自治体を募集 五輪ホストタウンハウス

2019/5/16 10:23
保存
共有
印刷
その他

2020年東京五輪・パラリンピックを機に、海外選手と全国の地域住民が交流する「ホストタウン」事業で、大会中のPR拠点として武蔵野大有明キャンパス(東京・江東)に設けられる「2020ホストタウン・ハウス」の運営計画が15日発表され、出展を希望する自治体の募集を今月下旬から6月上旬をめどに始めることになった。

10月末に締め切り、12月上旬に参加自治体が決定する。

会場では、各自治体が交流活動の内容や特産品などを紹介するほか、地域の食材と相手国の食材を使った新メニューを新たに開発し、提供する計画もある。会場は一般開放し、入場は無料。武蔵野大の学生がボランティアで運営に関わる予定。

同キャンパスは競技期間中に聖火台が設置される場所に近く、多くの訪問客が期待できる。鈴木俊一五輪相は「ホストタウンの取り組みを多くの国民、海外から来る方にもアピールできる。24年パリ大会、28年ロサンゼルス大会でも継続していくことになれば、素晴らしい」と述べた。

ホストタウンにはこれまで全国の390自治体が参加し、相手国・地域の数は126となった。各自治体の取り組みを発信するホームページも7月に開設される。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]