2019年6月27日(木)

大手銀、業務改革なお途上 前期は24%減益 まとめ読み

金融機関
2019/5/16 7:56
保存
共有
印刷
その他

大手銀行5グループの2019年3月期連結決算が15日に出そろった。純利益は合計で2兆449億円と、前の期に比べ24%減った。外国債券の含み損処理など市場部門の不振が響いた。マイナス金利が長引く厳しい経営環境のなか、邦銀は欧米銀に比べて重い経費構造が温存されているのが現状だ。デジタル技術の活用で効率化を進め、業務のスリム化を急いでいる。

5大銀の純利益24%減 19年3月期、市場部門不振響く

大手銀、業務改革なお途上 高コスト体質の見直し急務

苦難のみずほ 稼ぐ力の回復に初の5年計画

大手銀、相次ぐ自社株買い

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報