2019年8月19日(月)

4月の米鉱工業生産 0.5%低下 予測大幅下回る

2019/5/15 23:38
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=長沼亜紀】米連邦準備理事会(FRB)が15日発表した4月の鉱工業生産指数(2012年=100)は109.2となり、前月の改定値から0.5%低下した。2カ月ぶりの低下で、横ばい程度を見込んだダウ・ジョーンズまとめの市場予測を大幅に下回った。前年同月比でも0.9%上昇にとどまった。

米製造業生産は、海外経済の減速や貿易摩擦の影響で減っている(米ミシガン州の変圧器組み立て工場)=ロイター

内訳は、製造業が前月比0.5%低下した。海外経済の減速や貿易摩擦などの影響で、製造業は今年に入ってから3月以外はマイナスが続いている。

鉱業が4月は前月比1.6%上昇し、4カ月ぶりの上昇となった。電気・ガスは、温暖な天候で暖房需要が減り3.5%低下した。

設備稼働率は77.9%で、前月の改定値から0.6ポイント低下した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。