2019年6月17日(月)

取引先に社員旅行費要求 公取委が建材卸警告

2019/5/15 21:43
保存
共有
印刷
その他

社員旅行の費用などを取引先に支払わせたのは独占禁止法違反(優越的地位の乱用)の恐れがあるとして、公正取引委員会は15日、建材卸の丸井産業(広島市)に同様の行為をしないよう警告した。取引先の負担は少なくとも計約7千万円に上るという。

公取委によると、丸井産業は遅くとも2015年5月~19年2月、取引先の建材メーカーなど171社に対し、社員旅行の費用の一部を負担させた。19社からは自社の営業担当への報奨金に充てる費用を集めた。

丸井産業によると、取引先の支払いは社内の野球大会、運動会の賞金にも充てられた。同社は「長年の慣習で続けていた。強制はなかったとの立場だったが、公取委の指摘に基づきすでに取りやめた」としている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報