北陸3県企業 今期は過半数が損益改善へ、米中摩擦警戒

2019/5/15 20:34
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北陸3県の主要上場企業(銀行・電力を除く)の2020年3月期の業績見通しが出そろった。15日までに決算発表した31社のうち18社が最終増益または黒字転換を見込む。足元の受注は堅調で強気を崩さない企業もある一方、製造業を中心に中国経済の減速や米中経済摩擦を懸念する声も相次ぐ。摩擦の影響拡大に加え、10月に迫った消費増税の逆風を指摘する声も多く、予想が下振れする可能性もある。

「中国で受注できても現…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]