2019年6月18日(火)

JDI、白山工場を減損 人員削減で地域に影響も

エレクトロニクス
北陸
2019/5/15 20:31
保存
共有
印刷
その他

経営再建中のジャパンディスプレイ(JDI)は15日、スマートフォン向け液晶パネルを生産する白山工場(石川県白山市)について、2019年3月期に747億円の減損処理を実施したと発表した。さらに19年度、国内外の拠点で1000人規模の人員削減を実施する。石川県内の拠点も影響を受ける可能性があり、地域の雇用や生産に影を落としそうだ。

JDIが減損処理した白山工場(石川県白山市)

白山工場を中心とした減損実施の効果額は110億円を見込む。人員削減は19年度の上期中に早期退職を募集する。JDIの月崎義幸社長は同日都内であった記者会見で人員削減について「事業を守るために(雇用の)縮小を考えざるをえない。断腸の思いで、重く責任を感じている」と語った。

JDIは石川県川北町でも車載向けパネルを生産する「石川工場」を持つ。国内には千葉県や愛知県、鳥取県にも工場がある。中でも白山工場は1700億円を投じて建設し、3年前に完成したばかり。敷地面積は約14万平方メートルと地域では桁違いの大きさだ。従業員は数百人規模とみられ、完成当時は高い雇用創出効果が期待されていた。

だが米アップルのiPhoneの販売不振を背景にパネルの受注や生産が減り、稼働率の低迷が続いていた。台中3社連合からの金融支援を前提に固定費削減を優先する。

JDIは17年12月に同じスマホ向けパネルを生産する能美工場(石川県能美市)の生産を停止。関連会社のJOLEDに同工場を譲渡し、有機ELパネルの量産準備を進めている。

帝国データバンクによると、石川県内には17年時点で機械関連の製造や卸会社など、36社の下請け企業が存在する。同社の担当者は「仮に工場の統廃合などがあれば下請けへの影響は大きい」と分析。「年商が10億円に満たない中小企業も多く、雇用面でもマイナスの影響が出る可能性がある」とみる。石川県産業立地課の担当者は「動向を注視する必要がある」と話した。

白山工場は10年に閉鎖したキリンビール北陸工場の跡地に建つ。県や白山市は交通インフラの充実や電力コストの安さを武器に工場を誘致した。異例の突貫工事で建設し、着工から1年で完成させた経緯がある。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報