2019年6月17日(月)

中村留精密工業、工作機械にAI 加工ズレ自動修正

自動車・機械
北陸
2019/5/15 20:16
保存
共有
印刷
その他

工作機械製造を手掛ける中村留精密工業(石川県白山市)は6月末から自社の工作機械に人工知能(AI)機能を標準搭載する。気温など外部の環境変化によって生じる加工のズレなどを自動で抑制する。手動で機械の設定などを変える手間を省き、機械の導入企業の生産性を高める。

季節や時間帯による気温の変化などで工場内の温度が変動すると、加工の条件が変わり製品の寸法などが変動してしまう課題があった。新たに導入するAIはセンサーによって集めた温度情報などをもとに、工作機械の刃先などを調整する。新機能で温度変化による寸法のズレを小さく抑えることができる。

これまでは、中村留精密工業の担当者が機械を導入した工場まで出向いて調整する必要があったが、自動化により企業の生産効率化を支援し、自社社員の負担軽減にもつなげる。AIは既存製品に標準搭載し、価格は据え置く予定。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報