安曇野市 英語登山ガイド養成へ講習会

2019/5/15 20:08
保存
共有
印刷
その他

長野県安曇野市や同市の観光団体などで構成する安曇野市海外プロモーション協議会は、英語が堪能で世界水準の登山ガイドができる人材を養成する。6月から講習会を開催し、条件を満たせば資格証を発行する。同市を訪れる外国人客は年々増えており、安全に登山してもらえるようにするほか、田園地帯が広がる街の魅力も伝える。

講習会は6月から2020年1月にかけて10回開催する。日本を代表する縦走登山ルート「北アルプスパノラマ銀座」で実地講習するほか、安曇野市内の観光についても講義し、最後に筆記・面接試験を行う。

現在受講者を募集している。英語全国通訳案内士などの資格や一定レベルの英語力を保有しているとともに、十分な登山歴があることなどが申し込みの条件。参加費は税込み10万円。

講習で一定の成績を修め、安曇野市観光協会に入会した人には「英語登山ガイド(English-speaking Hiking Guide)資格証」を発行する。安曇野市などは同資格取得者の活用策について検討する。

長野県の調査によると安曇野市には17年に延べ宿泊者数で2万人を超える外国人が訪問し、前年比4割増となっている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]