/

ワシントンホテル、プラ製ストロー廃止

ビジネスホテルチェーンのワシントンホテル(名古屋市)は5月からプラスチック製ストローを廃止し、植物由来の生分解性ストローに切り替えた。大気中や水中で微生物の働きによって分解する「生分解性プラスチック素材」を使っており、環境負荷が軽いと判断した。海洋汚染問題など「脱プラスチック」への環境問題の機運の高まりに配慮する。

同社のホテル内の飲食店・宴会場では年間約12万本のストローを使用している。2018年12月からは朝食時のプラスチックマドラーを木製マドラーに変更するなど、環境保護の取り組みを進めてきた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン