2019年6月21日(金)

素材・工法「時短」が売り 工場や現場の負担軽減

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
環境エネ・素材
2019/5/16 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

素材特性を変えることで「時短」につなげられる素材や工法の開発に化学メーカーが取り組んでいる。背景にあるのは深刻な人手不足だ。各社が供給する製品を高性能化して省力化することで、サプライチェーン全体の効率を上げるのが狙い。製造現場に負担をかけない方法での効率化を、業界全体で模索している。

■匠(たくみ)の「技」、素材で再現

人気のデニッシュなどは、バターを溶かさずに練り込んだ生地を何層も重ねることで風…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報