/

出光、7月に昭シェル事業分割し吸収

統合による相乗効果の創出を急ぐ(出光・昭シェル各社のロゴ)

4月に昭和シェル石油と経営統合した出光興産は15日、昭シェルの事業を出光に承継させる会社分割を決議したと発表した。7月に昭シェルの全事業を吸収分割する形で切り離して出光が引き継ぐ。組織や事業の一体化を進め、早期に相乗効果を発揮させる考えだ。

同社はすでに吸収分割に関する検討の開始を公表しており、15日に取締役会で決議して契約を締結した。7月に昭シェルの事業に関わる資産や権利などを出光が受け継ぐ。

出光と昭シェルは4月に株式交換で、出光が昭シェルを子会社化する形で統合した。2017年にJXホールディングスと東燃ゼネラル石油が統合して誕生したJXTGホールディングスが想定を上回る統合効果を出すなか、出光も相乗効果の創出を急ぐ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン