2019年7月16日(火)

宇宙ごみ削減、対策企業に格付け制度 高評価なら保険料率引き下げも
日英主導、年内にも導入へ

経済
2019/5/15 22:28
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国際的な課題となっている宇宙を漂う宇宙ごみ(スペースデブリ)をめぐり、日英両政府が主導して企業の対策を促す新制度をつくる。人工衛星に他機との衝突回避機能を付けるなど、デブリが生じないように努力した企業を格付けする仕組みを年内にも導入する。高格付けなら保険料率の引き下げなどの優遇策を受けられるようにする。

人工衛星は放送や通信などを支える重要なインフラだ。ただ利用後に放置され、宇宙空間のごみが増え…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。