2019年6月18日(火)

iPhoneが「令和」に対応、iOS12.3提供開始

モバイル・5G
科学&新技術
BP速報
2019/5/15 15:00
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

米アップルは2019年5月13日(現地時間)、iPhone/iPad/iPod touch用基本ソフト(OS)の最新版「iOS 12.3」の提供を始めた。新元号「令和」に対応し、「カレンダー」アプリなどで表示できるようになった。「設定」の「一般」から「言語と地域」を選び、「暦法」で「和暦」を選択すると、カレンダーアプリ上の表示が「2019年」から「平成31年/令和元年」に変わる。令和が始まって約2週間、日本人の利用者が多いiPhoneがようやく対応した格好だ。

iOS 12.3の「カレンダー」アプリの画面。令和表示に対応した

iOS 12.3の「カレンダー」アプリの画面。令和表示に対応した

そのほか新しい「Apple TV」アプリの提供を始めた。パーソナライズされた「おすすめ作品」をアプリ上で提案し、利用者は映像作品を購入したりレンタルしたりできる。Apple TVアプリを提供する方針は19年3月の新サービス発表イベントで明らかにしていた。

加えて、セキュリティーの脆弱性を修正し、Wi-Fi通話が切れてしまう問題も改善した。

(日経 xTECH/日経コンピュータ 清嶋直樹)

[日経 xTECH 2019年5月14日掲載]

保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報