/

この記事は会員限定です

予約アプリにはやりの開発手法 ANA成功のポイント

ANAの「リーン・スタートアップ」(上)

[有料会員限定]

約10年前にエリック・リース氏が提唱し、米国や日本で大きな注目を浴びた「リーン・スタートアップ」。名だたる大企業もその考え方を生かし、組織を生まれ変わらせ、事業開発や商品開発につなげている。

全日本空輸(ANA)もその1社。リーン・スタートアップを最初に適用したのは、スマートフォン向け座席予約アプリの開発だった。2016年8月に既存アプリの改修に着手し、約半年後の17年3月にリリース。従来の開発...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2161文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン