/

この記事は会員限定です

トヨタ、「特許無償化」の誤解と成算

編集委員 奥平和行

[有料会員限定]

トヨタ自動車がハイブリッド車(HV)などの電動車の主要技術について、特許を使う権利を外部企業に無償で提供することを決めた。電気自動車(EV)普及への危機感、陣営の拡大、データ収集――。狙いに関して様々な見方が浮上したが、当事者には違和感もあるようだ。その後の動きも総合すると、事業モデル転換への模索という側面が浮かび上がる。

「車両電動化技術の特許実施権を無償で提供」――。トヨタがこんな発表をしたのは1カ月ほど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2427文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン