2019年5月24日(金)

外国人家族の健康保険、国内居住に限定 改正健保法が成立

経済
政治
2019/5/15 10:40
保存
共有
印刷
その他

改正健康保険法などが15日午前の参院本会議で、与党などの賛成多数で可決、成立した。健康保険から給付を受けられる扶養家族を原則として日本国内の居住者に限る。外国人の増加に伴い医療費が膨らむ懸念があるため、給付対象を厳格化する。4月に始まった外国人労働者の受け入れ拡大に対応したもので、2020年4月に施行する。

現行制度では、企業が運営する健康保険組合などは加入者本人だけでなく扶養家族にも保険が適用される。母国に残した家族の医療費を日本の健康保険で賄えば、医療費の膨張につながるとの指摘があった。子どもの海外留学など一時的に日本を離れている場合は例外として認める。

このほか、マイナンバーカードを健康保険証として代用できるようにする改正も盛り込んだ。21年3月の導入を目指す。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報