英ボーダフォン、5Gを7月から 19年3月期は最終大幅赤字

2019/5/15 1:55
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=佐竹実】英携帯通信大手ボーダフォン・グループは14日、英国内で次世代通信規格「5G」のサービスを7月3日から始めると発表した。ロンドンなど主要都市7カ所で始め、順次エリアを拡大する。地元紙によると、5Gの通信機器には中国の華為技術(ファーウェイ)製を一部使用するという。ボーダフォンは欧州大陸を含む50都市以上で2020年度までに5Gを始める計画だ。

英ボーダフォンは7月に英国内で次世代通信規格「5G」を始める=ロイター

同社が同日発表した19年3月期決算によると、売上高は前の期比6%減の436億ユーロ(約5兆3千億円)、最終損益は76億ユーロの赤字(前の期は27億ユーロの黒字)と大幅に悪化した。インドの子会社の統合に伴い、評価損などが発生した。今後5Gに向けた投資が膨らむことや、電波オークションに費用が必要となるため、19年3月期は4割の減配とする。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]