揺れるアジアの翼、LCCも消耗戦 移ろう勝者
エアアジア大幅減益、座席供給10年で4倍

2019/5/15 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

アジアの航空会社が揺れている。各国に生まれた格安航空会社(LCC)が低料金を武器に急成長したが、新規参入の増加で勢いに陰りがみえてきた。「アジアLCCの雄」ともされたエアアジア・グループも大幅減益となった。政府系フルサービスキャリアは高コスト体質を引きずり、低空飛行が続く。アジアは世界で最も需要が伸びる地域だが、航空会社の乱立で各社は消耗戦に突入した。

「稼ぎ頭はマレーシアになる」。エアアジアの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]