2019年6月27日(木)

円高止めた日米金利差 米金融政策の変更焦点

2019/5/14 23:41
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米中貿易摩擦の激化にもかかわらず、安全資産とされる円相場の対ドルでの上昇が鈍い。14日の外国為替市場では1ドル=108円台突入を目前に踏みとどまり、109円台後半まで戻した。「リスク回避の円買い」と「有事のドル買い」が綱引きするなかで、日米金利差が円高の防波堤になっている。輸入企業によるドル買いも支えだ。米国の金融政策が利下げに傾くかどうかが今後の焦点になる。

中国政府が600億ドル分の米国製品…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報